English | BBS | Contact | Mail News 



2004, July 18th at Aoyama, TOKYO !
Inside Reports !!


[拡大画像01] [拡大画像02] [拡大画像03] [拡大画像04]
[拡大画像05] [拡大画像06] [拡大画像07] [拡大画像08]
写真提供:松下@五反田様(東京)

今年も、関東近辺はもとより遠くは福岡などからも沢山の熱心なファンの皆様方に起し頂き感謝いたします。

このホンダ・ショールームでのコンサートも、回を重ねるごとに参加者の皆様も増えており、ホンダのスタッフの方からも「近年にない大盛況です!」と嬉しいお褒めの言葉を頂戴いたしました。

限られた時間ではありましたが、ご来場いただいた皆様方のお顔を一年ぶりに拝見でき、また昔の仲間達とも素晴らしいステージを共有できましたことは感謝にたえません。

会場でご紹介できませんでした皆様方も、お一人お一人のお顔は確実に覚えております。
また、湯川先生はじめ在京の著名な方々にも多数お集まり頂き「カントリー・ゴールドをずっと応援しますよ!」という有り難いお言葉をかけて頂きましたことは、素晴らしい想い出として生涯忘れることはできません。

今度は、私の地元熊本でのカントリー・ゴールド会場でお会いいたしましょう。

今年も素晴らしいパフォーマーと心暖まるコンサート、そして懐かしい出会いを約束いたします。


【島田耕 会場レポート】
チャーリーのホンダ・ショールームでの恒例のコンサートは、今年も暑い、物凄く暑い7月18日(日)昼下がり満員のファンを集めて行われました。

新旧カントリー・ソングというラインナップはいつものことながら、驚くべきはカントリー・ダンス・ファンの飽くなき踊りの輪ならぬ列列列----年々その勢いはリスニング・フォークスを圧倒して余りあるものが----ただ、ダンスで盛り上げて頂くのは大いに結構ですが、曲によっては歌詞を十分理解しながら聴き込むというナンバーも存在しますし、静かに音楽そのものを楽しみたいというリスニング・フォークスの存在も考慮しながら、聴くべき曲と踊る曲の判断をつけてもらいたいところです。

今後はダンスとリスナーの共存をどのような形でとるかが大きな課題になることでしょう。

ダンス・ファンが同時に熱心なカントリー・ミュージックのサポーターであり強力なリスニング・フォークスになってくれることを願うばかりです。
尾崎君のスティール・ギターと祇園のフイドルをゲストに迎えたキャノンボールは去年よりも数段若々しく、楽しいステージを聴かせてあっという間の2ステージでしたが、とりわけ2部で登場した元キャノンボール、バック児玉のエレキ・ギターは今年もチャーリーを好サポート。
渋さがひときわ光っていましたね。

今回は、入場したとたん久しぶりに湯川れい子さんと会い驚かされましたが、加えてダンスも披露されてコンサートを愉しんでいたのが印象的でした。

チャーリー、来年もまた猛暑の東京でのコンサートを楽しみにしていますよ!。

Shimada "Red Hat Cowboy" Tagayasu
音楽評論家
島田 耕

【参加者の方より】
◆『ドカントリー』で、ド・カァ〜ンと・・・一発 !!
暑い熱いコンクリートジャングルの、ある日曜日の昼下がり。
ハットとブーツで固めた集団が、青山一丁目あたりへ消えていく。

何があるんだろう、と追っかけてみると、そこは・・・。♪クマモト to ケンタッキー、トウキョウ、テネシー♪
な〜んだ、チャーリーさんじゃないの。お久しぶりです。

バックはお馴染みのキャノンボール。スチールギターは、先ごろ帰京したランディー尾崎が恩返し出演です。フィドルには祇園高司が加わり、更にゲストとしてかつてのキャノンボーラーだったダン岡山と「九州のミスター・テレキャスター」ことバック児玉がギターで参加です。「これぞテレキャスの音!」炸裂でした。

第一部はいきなり、"Together again"で始まります。

本当にみんなに会えてよかった。また来年も、いやその前に「約束の日」が!
ランディーのスチールとチャーリーさんの声が絡み合って、絶妙のハーモニー。ウットリと聞きほれた逸曲でした。

チック井上のボーカルが"Watermelon crawl""Sweet home Alabama"で、全国から駆けつけたカントリーダンサーを熱狂させます。ビートが効いているって、こういうのを言うんでしょうね。腹の底にズシンと来ましたよ。
そして「若いミュージシャンも基本はドカントリー」と、チャーリーさんに後押しされたフレッド小池が、なんと Hank Williams の"Window shoping" を熱唱。よくこんな珍しい曲を覚えたもんだと感心します。さすが聖地熊本ですね。

それにしてもチャーリーさんの「ドカントリー」の一言。まわりの皆が「良くぞ言ってくれた」と感動していました。終了後のビアホールではその話題で持ちきりでしたっけ。

休憩時間中もずっとステージの上から、いろんな人たちに呼びかけて、またゲスト(湯川れいこさん)も迎えたり、チャーリーさんの暖かい人柄に歌以上に酔ったひと時でした。

Unagi-inu Takei
東京:天才ばあぼんず
スティールG プレイヤー

竹井"Unagi-Inu"大輔
写真を提供頂きました東京の松下洋一様、並びに御多忙中にレポート頂いた島田耕・竹井大輔両氏に感謝いたします。
   
■ご意見・ご感想は [ こちら] からお願いいたします

[ 前のページに戻る ]